トップページ > 公募新人賞一覧 > 文學界新人賞 > 2012年−第115回 文學界新人賞

文學界新人賞

2012年−第115回 文學界新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文學界新人賞(ぶんがくかいしんじんしょう)は、 文藝春秋が発行する文芸雑誌『文學界』の公募新人賞である。年に1度募集され、受賞作は『文學界』5月号に掲載される。受賞者には賞金50万円と記念品が与えられる。規定枚数が400字詰原稿用紙で70 - 150枚と、他の純文学系文芸誌が主催する新人文学賞と比べて短めであることが特徴的である。毎年9月末日が締切日。ウェブサイトでの応募も受け付けている。
純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。

第115回—2012年(応募総数:2223)

文學界新人賞

文學界新人賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

文學界新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文學界新人賞関連つぶやき

kuran_novel吉村萬壱『クチュクチュバーン』(文春文庫,kindle版)読了。第92回文學界新人賞を受賞した表題作に加え、短編「国営巨大浴場の午後」「人間離れ」を収録。いずれも人間が、或る事象(理由なき突然変異や宇宙人の襲来)により徹底的に蹂躙される世界のお話。#えびまよ読了
yurubngkbot九州芸術祭文学賞公益財団法人九州文化協会が九州・沖縄各県、福岡市・北九州市・熊本市の3政令指定都市との共催で運営、公募する新人賞である。応募資格は九州(沖縄を含む)在住者に限られる。受賞作は『文學界』4月号に掲載されるともに、作品集が刊行される。1970年(S45)~現在
BOhtakiこれを新人賞に送ったのをきっかけに、当時文學界の編集者だったNさんという方とお会いする機会があり、「なにか書けたら途中でもいいので見せてください」とおっしゃっていただいたんだけど、次の小説が書けるまでに3年かかってしまい、その頃にはNさんは退職していた……みたいなことを思い出した
void3108@kounoikerui 新潮新人賞から出発し、文學界、すばると次々に制覇して回った新進気鋭作家の鴻池留衣ぴゃん。その最期として、群像に『伝説の作家、滝川寛之伝』を爆弾投下し、自らの作家人生を粉々にするのだった。… https://t.co/EDr92Lrfcp
kishinami8文學界新人賞の松波太郎の受賞の言葉が大好きで俺も同じって思った記憶がある。チャルメラに卵ひとつ入れられるかどうかの生活。
TadashiKoremune血の気の多い孫堅一族の中で孫静と孫瑜は穏やかな性格のイメージ次の文學界新人賞は孫瑜主人公で書こうかな
RSuzusame選評ということで言うと数年前に文學界新人賞の選考委員が入れ替わった最初の回の選評があまりにも酷かったので絶対応募すまいと心に決めた。私はとにかく文学の可能性を狭めるような発言をする選考委員は信用しないのであのメンツでやってる限り出さない。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)