トップページ > 公募新人賞一覧 > 『このミステリーがすごい!』大賞 > 2012年−第11回 『このミステリーがすごい!』大賞

『このミステリーがすごい!』大賞

2012年−第11回 『このミステリーがすごい!』大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第11回—2012年(応募総数:473)

大賞

優秀賞

優秀賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

このミステリーがすごい! 大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

『このミステリーがすごい!』大賞関連つぶやき

skowkrbs【紹介】「さよならドビュッシー」ピアニストを目指す女の子の周りに起こる事件のお話。このミステリーがすごい!大賞受賞作品。是非ドビュッシーの曲とともに楽しんでほしい本です。予測がつかない、でんぐり返しのでんぐり返しって感じで、読むのが楽しい作品です。
kubotakashi6074志凌駕は『このミステリーがすごい大賞』で、澤村伊智は『日本ホラー小説大賞』で、それで映画化だから、なかなか、すごいな。しかも、低予算でこっそり、しっぽり映画化するパターンじゃなく、トップスター主演の、有名監督の、メジャー映画だもんな。どういう気分になるのだろうか?
tanteisanbotさっき言ったこのミス大賞っていうのは、正式名称を「このミステリーがすごい!大賞」と言う、宝島社の新人賞だよ。本格推理小説というより、エンターテイメント性の高いミステリが集まる賞だな。過去の受賞作には海堂尊の「チーム・バチスタの栄光」などがあるよ
QMA_Mys_Bot1[線結び]次の「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した小説と 、その作者の正しい組み合わせを選びなさい → 『完全なる首長竜の日』―乾緑郎、『トギオ』―太朗想史郎、『臨床真理』―柚月裕子 ※選択肢足りてないかも?『完全なる首長竜の日』は並べ替えでも出題される模様。
amelobquiz1968年に台湾で生まれた本名を王震緒という人物で、『逃亡作法 - TURD ON THE RUN』で第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞、『路傍』で第11回大藪春彦賞、『流』(リュウ)で2015年に第153回の直木賞を受賞した、現在は福岡県に在住する小説家は誰でしょう?
krasu_ma1[146]第十回このミステリーがすごい大賞にノミネートされ、最終選考で落選するも「編集部の隠し玉」として出版され大ヒットしている、岡崎琢磨の小説は何?
lovelyhiro622【【2018年・第16回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】 オーパーツ 死を招く至宝 (『このミス』大賞シリーズ)/蒼井 碧】2018年このミス受賞作品。オーパーツ鑑定なるいささか… → https://t.co/sSL8iSkL7M #bookmeter
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)