トップページ > 公募新人賞一覧 > 『このミステリーがすごい!』大賞 > 2010年−第9回 『このミステリーがすごい!』大賞

『このミステリーがすごい!』大賞

2010年−第9回 『このミステリーがすごい!』大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第9回—2010年(応募総数:408)

その他の回のデータ(全データ一括表示

このミステリーがすごい! 大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

『このミステリーがすごい!』大賞関連つぶやき

lighthappy1 #読了 「オーパーツ 死を招く至宝」蒼井碧 https://t.co/bgUVz8AbWR 2018年「このミステリーがすごい!大賞」大賞受賞作。初読み作家。貧乏学生の鳳水月は、オーパーツ鑑定士だと名乗る自らにそっくりな男・古… https://t.co/i852rFkupI
amelobquiz1968年に台湾で生まれた本名を王震緒という人物で、『逃亡作法 - TURD ON THE RUN』で第1回『このミステリーがすごい!』大賞の銀賞、『路傍』で第11回大藪春彦賞、『流』(リュウ)で2015年に第153回の直木賞を受賞した、現在は福岡県に在住する小説家は誰でしょう?
skowkrbs【紹介】「さよならドビュッシー」ピアニストを目指す女の子の周りに起こる事件のお話。このミステリーがすごい!大賞受賞作品。是非ドビュッシーの曲とともに楽しんでほしい本です。予測がつかない、でんぐり返しのでんぐり返しって感じで、読むのが楽しい作品です。
tanteisanbotさっき言ったこのミス大賞っていうのは、正式名称を「このミステリーがすごい!大賞」と言う、宝島社の新人賞だよ。本格推理小説というより、エンターテイメント性の高いミステリが集まる賞だな。過去の受賞作には海堂尊の「チーム・バチスタの栄光」などがあるよ
0Maokko@0Maokko 第七回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞している。昨今の知的障害者施設の事件や幼女殺人事件やら精神医療の問題やらネット社会のことやら予見しているかのようなミステリーです。
Three_mystery歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」第57回日本推理作家協会賞受賞第4回本格ミステリ大賞受賞このミステリーがすごい! 2004年版第1位本格ミステリベスト10 2004年版第1位週刊文春 推理小説ベスト10 2003年度第2位
raisen_bot2_qmaNo.433 次の「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒ブレイクスルー・トライアル―伊園旬、果てしなき渇き―深町秋生、パーフェクト・プラン―柳原慧
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)