トップページ > 公募新人賞一覧 > 文藝賞 > 2010年−第47回 文藝賞

文藝賞

2010年−第47回 文藝賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文藝賞(ぶんげいしょう)は、1962年し、以降年1回発表されている。

第47回—2010年(応募総数:2012)

受賞

  • 該当なし

その他の回のデータ(全データ一括表示

文藝賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.3.28 作家の読書道 第216回:青山七恵さん

    大学在学中に書いて応募した『窓の灯』で文藝賞を受賞してデビュー、その2年後には『ひとり日和』で芥川賞を受賞。その後「かけら」で川端康成賞を受賞し、短篇から長篇までさまざまな作品を発表している青山七恵さん。衝撃を受けた作品、好きな作家について丁寧に語ってくださいました。

  • 2019.1.16 第160回芥川賞は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R1分34秒』に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定!

    第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は1月16日(水)、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R(いちらうんど)1分34秒』の2作品に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定した。

  • 2018.11.24 作家の読書道 第200回:白岩玄さん

    『野ブタ。をプロデュース』で鮮烈なデビューを飾り、その後着実に歩みを続け、最近では男性側の生きづらさとその本音を書いた『たてがみを捨てたライオンたち』が話題に。そんな白岩さん、実は少年時代はほとんど小説を読まず、作家になることは考えていなかったとか。そんな彼の心を動かした小説、そして作家になったきっかけとは?

文藝賞関連つぶやき

umudouzeneiyowotoro: 【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/q8WL840zQn
eiyowotoro【文藝学校】本校からは直木賞作家・芥川賞候補作家など新人賞や文芸賞を受賞して活躍している作家や詩人が輩出しています。https://t.co/u0SzWqjhof
Kawade_bungei彼女は美しすぎる。何も知らないから美しいのかもしれない。知ることで、彼女の何かが損なわれていくのかもしれない。それでも僕は、見て欲しいと思う。知って欲しいと思う。僕や、僕の生きている世界。『クロス』刊行記念2週間全文無料公開!… https://t.co/fazxkQWC4M
yurubngkbot文藝賞1962年に創設された文学賞で、河出書房新社が主催し、以降年1回発表されている。河出書房新社は同賞を小説ジャンルにおける「新人の登竜門」と位置づけて未発表の小説原稿を募集している。1962年(S37)~現在
koimusukun2005年に『平成マシンガンズ』で、史上最年少の15歳で文藝賞を受賞した作家は誰でしょう? A.三並夏(みなみなつ)(9%)
KIRAEMIRI1#読書好きな人と繋がりたい#おらおらでひとりいぐも#若竹千佐子最初の1頁は東北弁でよく分からなかったけど2頁目からは普通の言葉でした。作者は55歳から小説を習いはじめて63#歳で文藝賞を受賞。チャレンジってすごいです。 https://t.co/XPu2f9tSC7
kokiakko28#ドール #山下紘加陰鬱とした世界、異常性、生々しさ。中学生の少年がネットでドールを購入し、愛情を注ぐ。ドールに命名し大切にする。少年、その家族、同級生。。全員好きになれないまま、最終ページに辿り着いた
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)