トップページ > 作家名一覧 > むから始まる作家名一覧 > 村上春樹 > ねじまき鳥クロニクル

ねじまき鳥クロニクル(村上春樹)

ねじまき鳥クロニクル(著者:村上春樹)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)
  • 著者:村上 春樹
  • ページ数:312
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101001413
  • ISBN-13:9784101001418

村上春樹新刊

  • 発売日
    2020年4月23日
  • 書名
    猫を棄てる 父親について語るとき (文春e-book)

ねじまき鳥クロニクル関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

村上春樹のその他受賞歴(候補含む)

ねじまき鳥クロニクル関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

TOGO_Masanagaかささぎといえばロッシーニ「泥棒かささぎ」が有名ですね。カラスの仲間なので頭がよくキラキラしたも盗む修正があります。この「泥棒かささぎ」が出てくるのが村上春樹「ねじまき鳥クロニクル」冒頭です。実はこれは、80年代初期に書かれた短編… https://t.co/57UWe0gYZi
yushima0803村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』村上春樹を読んでいると落ち着く。村上春樹と江國香織は似た香りがする。生活、とくに食事を作る過程を丁寧に描写するところとその献立。箱庭感。もちろん、江國香織の方が断然箱庭で村上春樹はもっと冒険譚なんだけど、
botmurakamiharu家庭、と僕は思った。その中で僕らはそれぞれに振りあてられた責務をはたしているのだ。(「ねじまき鳥クロニクル」村上春樹)
fragments_bot僕はその箱を開けてみた。そしてその中に何も入っていないことを発見した。(村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』)
sakakumo_boris村上春樹氏の小説『ねじまき鳥クロニクル』には「皮剥ぎボリス」というロシア将校が出てくるぞ。それはそれはとてつもなく残忍な奴だ。私とは似ても似つかないよ。
love_i_cat #たべっ子どうぶつ #たべっ子どうぶつフィギュア #クロスステッチこんなことはなんでもないのだと思おうとした。こんなのはみんながいつでもやっていることなのだと。村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』 https://t.co/WsIApBlFse
mayu_EPICTIME@hadou1127 なにそれめっちゃ信者おもろいじゃんwwむかーしねじまき鳥クロニクル最初の数ページで合わねぇって挫折して以来の村上春樹だよ、、あかつきちゃん言うならアフターダークも読みたくなってきたわ、、あかつきちゃんオススメなら読めそう←
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)