トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 小川洋子 > 猫を抱いて象と泳ぐ

猫を抱いて象と泳ぐ(小川洋子)

猫を抱いて象と泳ぐ(著者:小川洋子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:猫を抱いて象と泳ぐ
  • 著者:小川 洋子
  • ページ数:368
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163277501
  • ISBN-13:9784163277509

猫を抱いて象と泳ぐ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.1.10 本のソムリエ・書店員オススメの"猫小説"

    毎日膨大な量の本に接し、本の知識なら誰にも負けない"本のソムリエ"としてとっても頼りになる書店員さん。そこで今回は、大垣書店高槻店で文芸書を担当している有本純さんに"オススメの猫小説"をセレクトしてもらった。

  • 2012.7.14 デビュー作で直木賞受賞なるか、女流棋士を描いた宮内悠介氏の『盤上の夜』

    第147回直木賞候補作の5作品が発表になりました。そのなかで「デビュー作にして候補作」として話題になっているのが、1979年生まれの作家、宮内悠介氏の『盤上の夜』です。表題作を含む短編集ですが、ベテラン勢が直木賞候補作に選ばれることの多い昨今、まっさらな状態で躍り出た新人に注目が集まっています。また、SF作品が選ばれるのは困難といわれる直木賞でのノミネート。奮闘が期待されます。

  • 2012.6.10 「博士の愛した数式」の作者が描くチェスをめぐる物語

    チェスを題材にした文学は世の中に多くありますが、ただのチェス対決では終わらない物語、それが「猫を抱いて象と泳ぐ」です。作者は「博士の愛した数式」で有名な小川洋子氏。今回は静謐で美しい物語を紹介します。

小川洋子のその他受賞歴(候補含む)

猫を抱いて象と泳ぐ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

midori_8823小川洋子作品本当に好きで、覚醒したのは『猫を抱いて象と泳ぐ』『ブラフマンの埋葬』『ミーナの行進』で、それ以前に初期作も読んでたんだけど覚醒した状態でもう一回読んだらまた味わいが違うんだろうなと思っている。
ehonfbotクッキーだけでも、チョコチップ、ジンジャー、レーズン、胡桃、とバラエティに富み、混ざりものの入っていない素朴なカステラから、スフレ、花林糖、サバラン、ヌガー、果てはデコレーションケーキまで、回送バスの中で作れないおやつはないほどだった。(猫を抱いて象と泳ぐ 小川洋子)
midorizosan【猫を抱いて象と泳ぐ/小川 洋子】を読んでいる本に追加 → https://t.co/u0Xu4Q7OXp #bookmeter
musashino_bunスタッフのワタシは最近、小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』を読み直しております。というのも、Netflixで「クイーンズ・ギャンビット」を観たから
phrase_favおかしいと思わないかい?だって、偉いお父さんなら、自分が真っ先に犠牲になっても家族を守るはずだろう?なのに、キングは最後まで痛い目に遭わない。一番苦労して活躍するのはクイーン、お母さんなんだ。(猫を抱いて象と泳ぐ/小川洋子)
Ice2007a(本当は超アツい競技なんだけど)カーリングを、その潔癖そうな感じ、一見クールで無口そうな感じだけを取り出せば、小川洋子の「象を抱いて猫と泳ぐ」の人間チェスに似てなくもない
anagumaya2017クイーンズ・ギャンビットは絵面が美しくて良かったけど、小川洋子さんの「猫を抱いて象と泳ぐ」という小説もおすすめ。主人公は醜い(たぶん)少年だが彼の指すチェスの美しさよ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)