トップページ > 公募ではない賞一覧 > SFが読みたい! > 歴代受賞情報一覧

SFが読みたい!

SFが読みたい!の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

SFが読みたい!』(エスエフがよみたい!)は、早川書房が毎年刊行する、SF小説のランキングを主体としたガイドブックである。
SFマガジン編集部編、ソフトカバー、毎年2月発行。2000年に月刊誌『S-Fマガジン』増刊として刊行され、2001年からは書籍として刊行されている。
SFのブック・ランキング『ベストSF''xxxx''』(''xxxx''は刊行前年の西暦年)が発表される。

2013年版2013年

2012年版2012年

1位

2位

4位

8位

  • 題名
    3・11の未来──日本・SF・想像力
  • 著者
    笠井潔・巽孝之(監修)海老原豊・藤田直哉(編)

10位

2011年版2011年

1位

2位

4位

6位

7位

8位

  • 題名
    ぼくの、マシン ゼロ年代日本SFベスト集成
  • 著者
    大森望(編)

9位

  • 題名
    NOVA2
  • 著者
    大森望(編)

10位

2010年版2010年

1位

4位

6位

7位

  • 題名
    年刊日本SF傑作選 超弦領域
  • 著者
    大森望・日下三蔵(編)

8位

  • 題名
    年刊日本SF傑作選 虚構機関
  • 著者
    大森望・日下三蔵(編)

9位

10位

2009年版2009年

1位

2位

3位

5位

9位

  • 題名
    サイエンス・イマジネーション 科学とSFの最前線、そして未来へ
  • 著者
    小松左京(監修)瀬名秀明(編)

2008年版2008年

1位

5位

6位

8位

9位

10位

2007年版2007年

2位

3位

5位

6位

2006年版2006年

2位

3位

4位

6位

7位

8位

9位

10位

2005年版2005年

1位

2位

3位

4位

6位

7位

8位

  • 題名
    ロボット・オペラ
  • 著者
    瀬名秀明(編)

9位

2004年版2004年

2位

3位

5位

7位

9位

10位

2003年版2003年

1位

8位

10位

2002年版2002年

1位

2位

5位

6位

7位

8位

10位

2001年版2001年

2位

3位

5位

7位

  • 題名
    日本SF論争史
  • 著者
    巽孝之(編)

2000年版2000年

1999年版1999年

1位

1998年版1998年

1997年版1997年

1位

1996年版1996年

1位

1995年版1995年

1位

1994年版1994年

1位

1993年版1993年

1992年版1992年

1位

1991年版1991年

1位

SFが読みたい!関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

SFが読みたい!関連つぶやき

minei_maruSF(すこしふしぎ)な話が好きだからなんかそういう雑伊の話も読みたい 草木も枯れ果てる真冬、雪の降る日に崖から足を踏み外した伊作くんの落ちた先は見たこともない真っ赤な花が咲き乱れる花畑で、薬の材料になるかもと数本手折って持ち帰った… https://t.co/2XRYFqLu3n
riyouhuka『殊能将之 読書日記 2000-2009』英語と仏語のミステリとSFの紹介。植草甚一を思い出した。特にポール・アルテ、アヴラム・デイヴィッドスン、マイクル・イネスがたくさん。この手の書評本は読みたい本がどんどん発生して困る… https://t.co/4gW3H5r0xc
kissie111オメガバースでα×Ωとかβ同士とかの恋愛主軸じゃなくて世界観構築に重きを置いたSF寄りの作品が読みたい戸籍法民法人名の名付け選挙権ファッション神話民話その他諸々に描写の8割が来るやつ
kokujyaryu999竹宮惠子先生と同時期?くらいにいた萩尾望都先生の友達が貸してくれたSF作品も本当にすごかった。伏線に細かい描写、とにかく続き!って勢いでめくった。あとはポーの一族、寒気のする美少年というものを初めて見た気がする。とにかく美しいのに血の気がない。また読みたいので買う。
mowwomnow「確実にあるけど目には見えないもの」を書かなきゃ、って思う。エモーションとか、永遠を求める気持ちとか、力への渇望だとか。文章が映像的と言われると確かにそうなんですけど、それはどちらかというと当たり前の部分かな。「SFが読みたい! 2004年版」
RappaTei「SFマガジン」でも「SFが読みたい!」でもプロフィールに「放射線科医」って書いてるんだけどなあ。あ、ツイッターでは書いてないやw
scarecrowbone松岡修造が主人公の異世界転生物(出来れば「我らはレギオン」みたいなSFの方が好み)ってこの世に存在しないだろうか。ちょっとググった程度ではみつからない。読みたい
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)