トップページ > 公募ではない賞一覧 > 日本推理作家協会賞 > 歴代受賞情報一覧

日本推理作家協会賞

日本推理作家協会賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本推理作家協会賞(にほんすいりさっかきょうかいしょう)は、毎年日本推理作家協会(元・探偵作家クラブ→日本探偵作家クラブ、江戸川乱歩が1947年6月21日に設立)が授与する文学賞。その年発表された推理小説の中で最も優れていたものに与えられる。推協賞と略称される。
第1回(1948年)から第7回(1954年)までは探偵作家クラブ賞、第8回(1955年)から第15回(1962年)までは日本探偵作家クラブ賞、第16回(1963年)以降は日本推理作家協会賞と名前を変えて続いている。その伝統から、ミステリー界で最も権威ある賞と見做されている。
創設当時は長編賞、短編賞、新人賞があったが(新人賞は第1回のみ)、第5回(1952年)からは部門の区別がなくなった。第29回(1976年)から再び、長編部門、短編部門(および評論その他の部門)に分かれた。部門別に分かれてからの受賞者数は、長編部門の60人に対して、短篇部門が29人と半分以下である(2017年現在)。これは長編部門はダブル受賞(複数の同時受賞者が出ること)が多いのに対して、短篇部門は該当作なしの年が多く、また受賞者が出てもほとんどが単独受賞だからである。
受賞するのに、日本推理作家協会の会員である必要はない。また1度でもどれかの部門を受賞した作家が再受賞することは、内規によって禁じられている。

第66回長編及び連作短編集部門 2013年

現在選考中

現在選考中

現在選考中

現在選考中

現在選考中

第66回短編部門 2013年

現在選考中

現在選考中

現在選考中

現在選考中

現在選考中

第65回長編及び連作短編集部門 2012年

受賞

候補

候補

第65回短編部門 2012年

受賞

候補

第64回長編及び連作短編集部門 2011年

受賞

受賞

候補

候補

第64回短編部門 2011年

候補

候補

候補

第63回長編及び連作短編集部門 2010年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第63回短編部門 2010年

受賞

候補

候補

候補

第62回長編及び連作短編集部門 2009年

受賞

受賞

候補

候補

第62回短編部門 2009年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第61回長編及び連作短編集部門 2008年

受賞

候補

候補

候補

第61回短編部門 2008年

候補

候補

候補

第60回長編及び連作短編集部門 2007年

受賞

候補

候補

第60回短編部門 2007年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

第59回長編及び連作短編集部門 2006年

受賞

候補

候補

候補

候補

第59回短編部門 2006年

第58回長編及び連作短編集部門2005年

受賞

受賞

候補

候補

第58回短編部門2005年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

第57回長編及び連作短編集部門2004年

候補

候補

候補

第57回短編部門2004年

受賞

候補

候補

候補

第56回長編及び連作短編集部門2003年

受賞

受賞

候補

候補

候補

第56回短編部門2003年

受賞

  • 該当なし

候補

候補

候補

候補

候補

第55回長編及び連作短編集部門2002年

受賞

候補

第55回短編部門2002年

受賞

受賞

日本推理作家協会賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.7.27 作家の読書道 第208回:葉真中顕さん

    日本ミステリー大賞を受賞したデビュー作『ロスト・ケア』でいきなり注目を浴び、今年は『凍てつく太陽』で大藪春彦賞と日本推理作家協会賞を受賞した葉真中顕さん。社会派と呼ばれる作品を中心に幅広く執筆、読書遍歴を聞けば、その作風がどのように形成されてきたかがよく分かります。デビュー前のブログ執筆や児童文学を発表した経緯のお話も。必読です。

  • 2019.6.6 【今週はこれを読め! エンタメ編】期待の倒叙ミステリー短篇集『偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理』

    ああ、またひとり追いかけたいキャラクターが増えてしまった(とはいえ、シリーズ化されるかどうかもわからないんですが。いや、ぜひとも続編をお願いいたします、降田先生。刮目してお待ちしておりますので!)。サブタイトルにもあるように、本書は「神倉駅前交番」に勤務する警官「狩野雷太」がさまざまな謎を解いていく連作短編集。

  • 2019.5.28 版元の幻冬舎を文学賞贈呈式で批判 作家の葉真中顕さん

    優れたミステリー作品に贈られる日本推理作家協会賞の贈呈式が27日、都内であり、小説「凍(い)てつく太陽」で受賞した作家の葉真中顕(はまなかあき)さん(43)が版元である幻冬舎をめぐる騒動に言及した。同社の見城徹社長が特定の作家の実売部数をツイッター上で公表(後に削除)したことに対して、「非常に問題があるということについては同じ思いの方が多いと思う」と批判した。

日本推理作家協会賞関連つぶやき

jamyokomizomaya麻耶雄嵩まや・ゆたか 1969年5月29日三重県生まれ。91年「翼ある闇」でデビュー。11年「隻眼の少女」で日本推理作家協会賞&本格ミステリ大賞をW受賞。15年「さよなら神様」で本格ミステリ大賞。17年「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」月9ドラマ化。「貴族探偵対怪盗マダム」刊行予定
QMA_Mys_Bot2[パネル]2007年に日本推理作家協会賞を受賞した桜庭一樹の小説は『○○○○の伝説』?[製赤天鉄使族朽聖家葉] → 赤朽葉家 ※(分岐)その登場人物・赤朽葉毛毬が主人公の、2009年に刊行されたスピンオフ作品は○○○○? → 製鉄天使。個人的には分岐しなかったことがないですが(
mayayutakabot「隻眼の少女」(2010年9月)文春文庫 日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞を受賞した著者後期の最高傑作。水干姿の美少女ツンデレ探偵御陵みかげが横溝正史ばりの因習に満ちた連続殺人事件に挑む。これまでの著者のギミックが詰まった集大成。@mikagemisasagi
kanishi10動脈列島 (双葉文庫―日本推理作家協会賞受賞作全集) ドラマや映画になりそうな話だな〜って思ったら映画化されてた。日本全国新幹線開通計画かあ…(遠い目)#bookmeter https://t.co/3hHfANzw69
life_gro_bot(ラタ)第一回日本推理作家協会賞の長編賞を受賞したのは横溝正史の『本陣殺人事件』ですが、短編賞を受賞したのは木々高太郎の『○○』?→しんげつ (新月)
mys_sus_bot【スロット】1992年に第45回日本推理作家協会賞を受賞した作家・綾辻行人の小説は『○○館の殺人』?→時計
bot_e_d【赤朽葉家の伝説】著/桜庭一樹日本推理作家協会賞を受賞した作品。主にライトノベル方面で活躍していた桜庭氏が一般文壇において高い評価を得るきっかけになった作品だね。<あらすじ>千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもない私。戦後史を背景に鳥取の旧家に生きる三代の女たちを描く。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)