トップページ > 最新小説ニュース > 2013年9月中旬の小説ニュース

2013年9月中旬の小説ニュース(外部リンク)

2013年9月中旬の小説に関係するニュースへのリンク集です。新人賞情報に限りません。
文学、エンターテイメント等、ジャンルは問いません。また、電子書籍端末について等、小説限定の話題でなくとも出版に関するものは含みます。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

2013.9.20(金)

村上春樹氏がオッズ1番人気 英賭け屋のノーベル賞予想

世界最大規模のブックメーカー(賭け屋)、英ラドブロークスは19日までに、10月に発表されるノーベル文学賞受賞者を予想するオッズ(賭け率)を発表、日本の作家村上春樹氏が4倍(19日現在)で1番人気となった。

一時心肺停止の中村うさぎ、人工呼吸器が外れる…会話もできるなど順調に回復

現在入院中の作家・中村うさぎが20日、人工呼吸器を外して元気に話ができるまでに回復したことが、友人であるタカナシクリニック院長・高梨真教氏のブログで明かされた。

福山の歴史小説をプロ朗読

福山市のエフエムふくやまのパーソナリティー3人でつくる「朗読の会三人姉妹」が21日午後2時から、同市草戸町の明王院でチャリティー朗読会を開く。同市瀬戸町の小説家藤井登美子さん(65)が明王院を舞台に描いた未公開作「勝成の妻」を初めて披露する。

芸人、イラストレーター、作家・・・と多芸なリタ・ジェイ氏が新作ライトノベル『絶対調和☆御裏崎ちゃんっ!』を発表!

お笑い芸人・イラストレーター・エッセイスト・司会者・ラジオパーソナリティ・コントユニット「実弾生活」主宰(脚本・演出)・・・と、多芸を極める"芸"人、リタ・ジェイ氏が、9月25日にライトノベル『絶対調和☆御裏崎(おりさき)ちゃんっ! 解放の五行少女~水の行~』をメディアファクトリー(MF文庫J)から発売する。

[HoneyWorks]代表曲「スキキライ」が小説化

音声合成ソフト「ボーカロイド」で楽曲を制作するクリエーター・ユニット「HoneyWorks」(通称ハニワ)の代表曲「スキキライ」が、小説化されることがこのほど分かった。

2013.9.19(木)

【ゆうゆうLife】自分史や小説…文章力磨いて 簡単に取り組める「書く」

定年退職後に自由な時間ができるシニア。新たな趣味を始める人も多い。その中でも簡単に取り組めるとして注目を集めているのが「文章を書く」ことだ。自分史に取り組む人や作家を目指す人もいる。

秋は"SAKEカクテル"片手に読書はいかが? 超短篇小説レーベル「nanovel」が日本酒ストーリーを公開中

皆さんは"一人BAR"したことありますか? 誰にも邪魔されず一人でゆっくりとグラスを傾けるなんて、大人の世界で憧れちゃいますよね。でも、BAR初心者にはなかなか敷居が高いもの。つい手持ちぶさたになってしまったり、とはいえ携帯でゲームなんていうのはちょっと不粋な気も。

2013.9.18(水)

作家の読書道 第141回:伊東潤さん

昨今は新作が連続して直木賞にノミネート、今後の歴史小説の担い手として注目される伊東潤さん。

元日本出版学会会長の箕輪氏死去

箕輪成男氏(みのわ・しげお=神奈川大名誉教授、元日本出版学会会長)8月30日、老衰のため死去、87歳。

艦これ : 初のラノベ化 アンソロコミックは早くも重版

人気ブラウザーゲーム「艦隊これくしょん~艦これ~」をテーマとしたライトノベル「艦隊これくしょん -艦これ- ノベライズ(仮)」が11月30日にファミ通文庫(エンターブレイン)から発売されることが18日、分かった。

三崎への過剰な愛を見よ!「三崎いしいしんじ祭」開催

2013年9月28日(土)・29日(日)の2日間、神奈川県三浦市三崎の下町にて、三崎在住経験のある作家いしいしんじ氏が、三崎への過剰な愛を表現する祭「三崎いしいしんじ祭」を開催する。

主演・松田龍平からのコメントも 映画『舟を編む』アカデミー賞外国語映画賞部門日本代表作品に決定

2014年3月にアメリカで受賞作が発表される第86回米国アカデミー賞最優秀外国語映画部門の日本代表作品に、石井裕也監督作品『舟を編む』 (英語題:The Great Passage)の選出が決定した。

2013.9.17(火)

「雨ニモマケズ」英訳の豪州人作家に野間文芸翻訳賞

講談社はニューヨークで16日、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の翻訳を手掛けたオーストラリアの作家ロジャー・パルバースさん(69)に第19回野間文芸翻訳賞を贈呈した。

作者の「最後の味方」は誰なのだろう

作り手を蚊帳の外に追い出さないために

女性による女性のためのエロティックな恋愛小説レーベル「フルール文庫」創刊

メディアファクトリーが、Web小説マガジン「フルール」から生まれた、女性による女性のためのエロティックな恋愛小説レーベル「フルール文庫」を創刊した。

2013.9.16(月)

「夫婦善哉」未発見の草稿 織田作之助、何度も冒頭推敲

「オダサク」の愛称で親しまれ、今年生誕100年を迎える大阪の作家、織田作之助(1913~47)の代表作「夫婦善哉(めおとぜんざい)」の未発見の草稿3種類などが、千葉県船橋市の遺族宅から見つかった。

室蘭市港の文学館 11月1日開館 移転準備が本格化 芥川賞の長嶋さんコーナーも

【室蘭】室蘭ゆかりの文学者の著作や資料を集めた「室蘭市港の文学館」が11月1日、元地ビールレストラン「プロビデンス」(海岸町1)に移転開館する。

「レガッタ!」人気 浦和一女ボート部がモデルの青春小説

さいたま市在住の児童文学作家、濱野京子さん(57)が県立浦和第一女子高校のボート部をモデルに書いた小説「レガッタ!」(全3巻、講談社)が、女子高生らを中心に人気を集めている。地元が舞台とあって、さいたま市内では、特別コーナーを設ける書店も出てきた。

元行司が体験元に小説集「すなまわり」 鶴川健吉さん

「話の根っこは、本当にあったことです。辞めてから10年たって、やっと距離を置いて見られるようになったのかもしれない」。

小説大ヒットのワケは?

今夏の直木賞に輝いた桜木紫乃さん『ホテルローヤル』(集英社)と、テレビドラマ「半沢直樹」の原作、池井戸潤さん『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』(共に文春文庫)の勢いが止まらない。『ホテルローヤル』は受賞1か月余で50万部に達し、『オレたち……』2作もドラマ放送開始50日ほどで160万部を積み上げ、現在計209万部(単行本を含む)。大ヒットのわけは?

2013.9.15(日)

【記者ノート】デジタル印刷で少部数生産

講談社と小学館は少部数用の生産、増刷に対応するデジタル印刷・製本機を導入している。こまめな増刷などに対応することで、品切れの防止やコスト削減につなげる狙いだ。

山頭火の書簡を公開 26日まで近代文学館

放浪の俳人、種田山頭火(1882~1940年)が県内の友人に送ったはがきや手紙が熊本近代文学館に寄贈され、同館は14日、企画展「書簡にみる山頭火」として公開を始めた。26日まで。

第1回ラノベ検定「初級編」。君はこの難問を解けるか?【ラノベ通からの挑戦状】

こんにちは。年甲斐もなく『ポケットモンスター ジ・オリジン』への期待感が隠せない愛咲です。今回は突発企画「第一回ラノベ検定」を実施します。 問題はすべてアニメ化された人気作品に関するものばかり。アニメもチェックしているラノベ&アニメファンなら、さほど難しくない問題ばかり! それではレッツトライ!

テレビ屋にしてベストセラー作家、百田尚樹が「売れる」を語る

著作が続々と映像化され、いまや誰もが知るベストセラー作家となった百田尚樹。

博多華丸×ライセンス藤原「芸人が読む百田尚樹」

いま最も書店員の支持を集めている作家、百田尚樹。映画化された『モンスター』、2013年本屋大賞受賞作『海賊とよばれた男』をはじめ著作はすべて大ヒット、文庫発行部数が300万部を突破した『永遠の0』も映画化され、年末に公開を控えている。

百田尚樹×稲盛和夫対談「戦後の復興を支えた男たちの生き方を、とにかく今の日本に知らせたい」

いま最も書店員の支持を集めている作家、百田尚樹。今年の4月には『モンスター』が映画化。文庫の発行部数が300万部を突破した『永遠の0』も映画化され、年末に公開を控えている。また『海賊とよばれた男』は2013年本屋大賞を受賞した。

百田尚樹が描く"主人公"は他人のために、世の中のために戦う

遅咲きにして型破り。とにかくパワフルで人間臭い。作品のみならず、その言動にも多くの視線が注がれている作家・百田尚樹。

2013.9.14(土)

【ブンコに訊け】消えてはよみがえる百けん

漱石、芥川、太宰のように、没後何十年たっても作品の大半を読める作家は、ひと握りにすぎない。去る者日々に疎し。流行語大賞の芸人は消えるというジンクスもあるように、流行は流れ行く。ベストセラーも忘れられ、1冊でも文庫が残るのは至難だ。

まさに青春! 『フルスケール・サマー』で模型好き少女とマジメ少年の夏を描いた永島裕士先生にインタビュー【Spot the 電撃文庫】

電撃文庫で活躍する作家陣のメールインタビューをお届けする"Spot the 電撃文庫"。第90回となる今回は、『フルスケール・サマー』でデビューした永島裕士先生のインタビューを掲載する。

2013.9.13(金)

小説すばる新人賞に周防柳さん

第26回小説すばる新人賞(集英社主催)は13日、周防柳さん(48)の「翅と虫ピン」に決まった。賞金は200万円。贈賞式は11月22日、東京・内幸町の帝国ホテルで。

電子書籍、アマゾン独走(真相深層)

出版業界9団体が連携して9月中に、海外から電子書籍を配信する事業者に対して、公平に消費税を課す要望書を政府の税制調査会に提出する。

ラノベ質問状 : 「know」 新しい世界を見せてくれるSF

話題のライトノベルの魅力を担当編集者が語る「ラノベ質問状」。今回は「know」(野崎まどさん作、シライシユウコさんイラスト)です。早川書房の高塚菜月さんに作品の魅力を聞きました。

「Ameba」がスマートフォン向け電子書籍サービス開始

サイバーエージェントが運営する「Ameba」は、電子書籍サービス「読書のお時間です」の提供を開始した。

おじいちゃんブームが来る!? 三浦しをん、オノ・ナツメの描く"おじいちゃん"が萌える!

『リストランテ・パラディーゾ』(太田出版)をはじめ、『クマとインテリ』(basso/茜新社)や『つらつらわらじ』(講談社)など、枯れ専作家と呼びたくなるほど魅力的なおじさまがたを描いてきたオノ・ナツメ。

入試問題のネット流出、答案用紙紛失…!? "イヤミスの女王"湊かなえが描く『高校入試』ミステリー

9月に入り、全国の中学校では2学期が始まった。そろそろ各校の学校説明会なども開始。本格的な受験シーズンの到来だ。こうして"高校入試"の影がちらつきはじめると、平和だった教室内に、耳慣れないざわめきが聞こえるようになる。

17日発売『MIKU-Pack 03』から隔月刊! 『小説 千本桜 弐』試し読みも

3連休明けの9月17日(火)は何の日か、分かってますよね? まるごと一冊初音ミクな雑誌『MIKU-Pack music&artworks feat.初音ミク 03』の発売日ですよ!

2013.9.12(木)

歪んだ忌日 西村賢太さん

■私小説だからできること

「とっとり文学賞」創設

あなたの作品を出版、小説など原稿を募集

【オリコン】福山主演『そして父になる』小説版が8位初登場 映画関連作が好調

第66回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した福山雅治主演『そして父になる』(9月28日公開)の小説版(9月5日発売・宝島社 著:佐野晶)が今週9/16付のオリコン"本"ランキング文庫部門で、週間2.4万部を売り上げ8位に初登場した。

HoneyWorksのリン&レン・ボカロ神曲「スキキライ」小説化!

"青春系・胸キュンソング"でユーザーの心をわしづかみにしているボーカロイド音楽界のトップランナー

「ぴんとこな」より萌える! と話題の歌舞伎ラノベ

現在ドラマ放送中の『ぴんとこな』。歌舞伎界を舞台にしたこの作品には、Kis-My-Ft2の玉森裕太や中山優馬など、次期エースとも言われるジャニーズの注目株が起用されたものの、視聴率はいまいち伸び悩んでいるよう。

懐かしの読書端末や電子辞書が大集合! 当時の関係者が思い出話&苦労話

日本電子出版協会(JEPA)は10日、懐かしの読書端末や電子辞書を集め、当時の関係者とともに歴史を振り返るイベント「むかしの読書端末、電子辞書大集合」を開催した。

2013.9.11(水)

自分で発信「文学の学校」 福島・郡山で作家ら指導

作家、古川日出男の「ただようまなびや 文学の学校」が先月24、25の両日、福島県郡山市で開かれた。高校生からお年寄りまで150人の生徒が集まった。学校では学ばないこと、できない経験ばかり。濃密な2日間だった。

カフェや雑貨店 図書館に変身

街中のいろんなお店がミニ図書館に変身――。佐賀市中心部にある八つの店舗、事業所に貸し出し用の本が置かれ、誰でも利用することができる取り組み「さが街なか図書館」が、今月から始まった。

ラノベだけじゃない! BOOK☆WALKERが"フロア増床"リニューアル

KADOKAWAグループのブックウォーカーが電子書店「BOOK☆WALKER」を大幅リニューアル。そのリニューアル内容とそこに込められた意図について、ブックウォーカー取締役CTOの橋場一郎氏に聞いた。

小説ニュース一覧

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)