トップページ > 最新小説ニュース > 2015年10月中旬の小説ニュース

2015年10月中旬の小説ニュース(外部リンク)

2015年10月中旬の小説に関係するニュースへのリンク集です。新人賞情報に限りません。
文学、エンターテイメント等、ジャンルは問いません。また、電子書籍端末について等、小説限定の話題でなくとも出版に関するものは含みます。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

2015.10.20(火)

「ツタヤ図書館」計画白紙に 愛知・小牧、市民と再協議

「ツタヤ図書館」計画をめぐる住民投票で、反対多数となった愛知県小牧市は20日、レンタル大手「ツタヤ」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)との契約を解消し、計画をいったん白紙に戻すと発表した。

【今週はこれを読め! SF編】甦る『屍者の帝国』、読み換えられる『計劃』

伊藤計劃の三作品をアニメ化する「Project Itoh」と連動し、版元をまたいでの出版企画が相次いでいる。本書もそのひとつだ。

2015.10.19(月)

若手小説家が「植物部」結成! 羽田圭介さんへのお祝いはあの観葉植物

観葉植物好きの若手小説家さんが、「植物部」なるものを結成して定期的に集まっているらしい!? そんなウワサを聞きつけ、みなさんにお集まりいただきました。

2015.10.17(土)

羽田圭介「小さい頃は、頭で考えるタイプじゃなかった」茂木健一郎×羽田圭介スペシャル対談を2週にわたりオンエア

茂木健一郎がパーソナリティをつとめるラジオ番組「Dream HEART」は、去る2015年9月26日(土)、大阪、梅田・蔦屋書店の「ガーデンラウンジ」で公開収録イベントを開催した。スペシャルゲストは、芥川賞作家の羽田圭介。

話題の文学賞作品「読みたい」53%…読売調査

読売新聞社が行った読書に関する全国世論調査(郵送方式)で、文学賞の受賞をきっかけに受賞した本を読んだことが「ある」と答えた人は37%で、「ない」が62%だった。

江戸川乱歩「小説作りはおぞましき現実」 執筆の苦悩記す手記

作家の江戸川乱歩(本名・平井太郎、1894~1965年)が36年に記した未発表の手記が見つかったことが17日、分かった。

貴志祐介氏に聞く「面白い小説を書くコツ」

小説を書くのに「文書読本」は役立たず

神戸エルマール文学賞:小説「彷徨える」に /兵庫

関西の同人誌で活動する気鋭の作家を対象とした「第9回神戸エルマール文学賞」(同賞基金委員会主催、毎日新聞神戸支局など後援)に、小説同人誌「mon」代表、飯田未和さん(36)=大阪市阿倍野区=の「彷徨(さまよ)える」(「mon」5号)が決まった。

2015.10.16(金)

松岡昭宏さん死去 大阪文学学校の初代事務局長

松岡昭宏さん(まつおか・あきひろ=ライター・編集者)が12日、肺炎で死去、88歳。

ラノベ『灰と幻想のグリムガル』16年1月TVアニメ化 制作はA-1

オーバーラップ文庫より刊行中のライトノベル『灰と幻想のグリムガル』(原作:十文字 青、イラスト:白井鋭利)がテレビアニメ化されることが16日、発表された。

[無彩限のファントム・ワールド]京アニの新作テレビアニメが16年1月スタート

「けいおん!」など数々のヒットアニメを生み出してきた「京都アニメーション」の新作テレビアニメ「無彩限のファントム・ワールド」が2016年1月にスタートすることが分かった。

2015.10.15(木)

「21世紀のSFベスト」牧眞司が偏愛で選んだ100冊

決定版の「21世紀のSFベスト100」は〈本の雑誌〉2015年11月号をごらんください。

2015.10.14(水)

泉鏡花文学賞に長野まゆみ、篠原勝之両氏

第43回泉鏡花文学賞(金沢市主催)は14日、長野まゆみさんの「冥途(めいど)あり」(講談社)と篠原勝之さんの「骨風」(文芸春秋)に決まった。

<菊池寛賞>半藤一利さんや吉永小百合さんらに

第63回菊池寛賞(日本文学振興会主催)が14日発表され、作家の半藤一利さんや女優の吉永小百合さんら3人とテレビ番組1点、書籍1点が選ばれた。

【今週はこれを読め! エンタメ編】〈ハルチカ〉シリーズ最新刊『惑星カロン』登場!

〈ハルチカ〉シリーズ、2016年アニメ化決定! ここへ来て一気に注目度も上がっているが、以前からのファンにとっては「やっと世間がこのシリーズの存在に気づいたか...」という気持ちだろう。

モテないという逆境が作品を作る!? 肉声で語られた作家の言葉

ピース・又吉直樹が、小説『火花』で芥川賞をとった。

2015.10.13(火)

【今週はこれを読め! SF編】古代エジプトの孤高の愛と、現代ロンドンの温かな愛

ブラム・ストーカーが『吸血鬼ドラキュラ』の六年後にあらわした怪奇長篇。『ドラキュラ』が伝説的な怪異によせて東ヨーロッパ辺境の陰鬱なエキゾチズムを持ちこんだように、『七つ星の宝石』では古代エジプトの神秘が題材となる。

地域根ざす文芸誌に育てたい 京都の出版社が「洛草」創刊

京都市右京区の出版社「しろうべえ書房」が、京都で過ごす時間をより楽しめるようにと、京都文芸「洛草」を創刊した。「地域に根ざした冊子として、京都を代表する文芸誌に育てたい」と意気込みを語っている。

2015.10.11(日)

【今週はこれを読め! ミステリー編】リンカーン・ライムシリーズ最新作『スキン・コレクター』登場!

ジェフリー・ディーヴァーのリンカーン・ライム・シリーズを読むのには、4クールもののヒーロー番組を観るのに似た楽しみがある。

小説ニュース一覧

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)