トップページ > 最新小説ニュース > 2014年9月上旬の小説ニュース

2014年9月上旬の小説ニュース(外部リンク)

2014年9月上旬の小説に関係するニュースへのリンク集です。新人賞情報に限りません。
文学、エンターテイメント等、ジャンルは問いません。また、電子書籍端末について等、小説限定の話題でなくとも出版に関するものは含みます。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

2014.9.10(水)

『モンストラクター やればできる人外娘の調教指導』はエルフの王女やハーフ吸血鬼に常識を教えるお仕事ストーリー【電撃文庫新作紹介】

哀川譲先生が執筆する、電撃文庫『モンストラクター やればできる人外娘の調教指導』の紹介記事をお届けします。

文芸賞に李さんと金子さん

第51回文芸賞(河出書房新社主催)は、李龍徳さんの「死にたくなったら電話して」と金子薫さんの「アルタッドに捧ぐ」の2作に決まった。

「新宿鮫」の作者が書くルパンも! ルパン三世の小説作品

小栗旬主演の実写映画版『ルパン三世』が8月30日より公開されている。

国内の電子書籍市場はマンガが牽引、全巻まとめ買いが後押し要素に

矢野経済研究所は10日、国内の電子書籍市場に関する調査結果を発表した。

【今週はこれを読め! エンタメ編】バディ界の新星登場!〜阿部智里『黄金の烏』

結局バディものが鉄板。バディものとは、主に男性同士の二人組が活躍する映画をバディ・フィルムと呼ぶことから派生した言葉かと思う。

ヘミングウェイの孫、「老人と海」の漁村を訪問

米国の文豪ヘミングウェイの代表作「老人と海」の舞台となったキューバの漁村コヒマルを8日、ヘミングウェイの孫2人が訪れた。

NHKツイッター「1号」さん、退職して作家に

お堅い公共放送らしからぬつぶやきが人気を集めながら、これまでその「正体」を明らかにしなかったNHK広報局の初代ツイッター担当者(1号さん)が、7月末にNHKを退職し、作家活動を始めたことがわかった。

2014.9.9(火)

「古典も面白い」伝えたい 池澤夏樹編集「日本文学全集」

作家の池澤夏樹さんが、「日本文学全集」(全30巻、河出書房新社)の編集に挑む。

ロングセラー絵本、累計発行部数1位はあの名作

累計(るいけい)発行部数が100万部を超(こ)える絵本を紹介(しょうかい)したパンフレット「ミリオンぶっく2014年版(ばん)」が、出版取り次ぎ大手トーハンから発行された。

谷崎潤一郎賞に奥泉光さん

第50回谷崎潤一郎賞(中央公論新社主催)は9日、奥泉光さん(58)の『東京自叙伝』(集英社刊)に決まった。

大阪文学学校第3代校長に細見氏 篠山在住の詩人

作家田辺聖子さんらを輩出してきた「大阪文学学校」(大阪市中央区)は8日、兵庫県篠山市在住の詩人細見和之さん(52)が10月1日、第3代校長に就任すると発表した。

2014.9.8(月)

姨捨棚田に親しむ文学講座 千曲で松尾芭蕉の句碑由来学ぶ

長野県千曲市や市観光協会などでつくる信州さらしな・おばすて観月祭実行委員会が7日、国の名勝「田毎(たごと)の月」で知られる姨捨の棚田に親しむ文学講座を市内で開いた。

平野啓一郎さん「透明な迷宮」 じっくり味わう小説目指す

芥川賞作家の平野啓一郎さんが、表題作など短編6作を収録した7年ぶりの作品集『透明な迷宮』(新潮社)を上梓(じょうし)した。「"ページをどんどんめくりたくなる小説"が本当にいい小説でしょうか? 今回、あえて"ページをめくらずに、いつまでもそのページにとどまっていたい"と思わせる小説を目指しました」と平野さんは語る。

柳原白蓮の短歌色紙、82年前の写真集ヒントに発見

NHK連続テレビ小説「花子とアン」の登場人物のモデルで、大正から昭和にかけて活躍した歌人・柳原白蓮が大分県竹田市を訪れた際に詠んだ短歌の色紙が見つかり、6日から市立歴史資料館で始まる特別展「柳原白蓮と竹田」で公開されている。28日まで。

2014.9.7(日)

【手帖】石牟礼さんの未発表原稿発見

水俣病患者の世界を描いた「苦海浄土」で知られる作家、石牟礼道子さん(87)(熊本市在住)の未発表原稿約10枚が新たに見つかった。

北原白秋の飛躍支えた、貧しくも「尊い時間」紹介

詩人の北原白秋(1885~1942年)が、東京都江戸川区北小岩に暮らしていた1年間を紹介する企画展「小岩時代と童謡の世界『北原白秋』」が、6日から同区篠崎町7の「しのざき文化プラザ」で始まった。

2014.9.6(土)

「永遠の0」向井理主演でドラマに…自衛隊協力

テレビ東京の開局50周年特別企画として、スペシャルドラマ「永遠の0」の制作が進んでいる。

小説投稿サイト発の人気ライトノベル「オーバーロード」アニメ化決定!

日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」発のライトノベル「オーバーロード」が、アニメ化されることが決定した。スタッフ、キャストなど詳細は未定となっている。

2014.9.5(金)

三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』スピンオフ作品が無料公開

三浦しをんの小説『まほろ駅前多田便利軒』のスピンオフ作品「多田便利軒、探偵業に挑戦する(全5話)」が無料公開される。第1話は雑誌『ダ・ヴィンチ』10月号と、「ダ・ヴィンチニュース」で、2話以降はJTが運営するWEBサイト「ちょっと一服ひろば」での公開となる。

2014.9.4(木)

すばる文学賞に上村、足立氏

第38回すばる文学賞(集英社主催)は4日、神戸市の会社員、上村亮平氏(36)の「その静かな、小さな声」と、京都府宇治市の無職、足立陽氏(36)の「島と人類」に決まった。

『甘城ブリリアントパーク』『俺、ツインテールになります。』『魔弾の王と戦姫』 10月放送のラノベ原作アニメ!(前編)

こんにちは。猛暑に苦しめられた8月もようやく終わり、9月に入ってからは日差しも穏やかで涼しく過ごしやすい秋の気配になってきましたね。

2014.9.3(水)

元フリーターが挑戦続け…下村さんに乱歩賞

第60回江戸川乱歩賞に決まった 下村敦史さん 33

第151回芥川賞・直木賞の贈呈式から見えた受賞者の素顔

■柴崎友香さん「一作ごとにできる限りの手を尽くす」

Bunkamuraドゥマゴ文学賞に山浦玄嗣『ナツェラットの男』

Bunkamuraドゥマゴ文学賞はパリで創設された「ドゥマゴ文学賞」を受け継ぎ、1990年に創設された東急文化村主催の文学賞。受賞した山浦玄嗣さんは、医師・言語学者・詩人など多彩な顔を持つ。

公取委、「電子書籍は非再販」と従来の見解変えず

日本出版者協議会(出版協)は8月29日、公正取引委員会が「電子書籍は著作物再販適用除外制度に該当しない」という従来の見解を改めて示したと発表した。

歌人・柳原白蓮、震災時にがれきの中を歩き回る姿

東京都慰霊堂の付属施設「復興記念館」では、NHK連続テレビ小説「花子とアン」で再び注目を集める歌人・柳原白蓮(びゃくれん)(1885~1967年)の関東大震災時の姿を描いた絵画が展示され、ドラマファンが訪れている。

[CEDEC 2014]冲方 丁氏の基調講演「物語の力」。物語の正体と,これまでの歴史,そしてこれから

CEDEC 2014の初日である2014年9月2日,作家の冲方 丁氏による基調講演「物語の力」が行われた。

【今週はこれを読め! エンタメ編】純文学なんか怖くない!〜柴崎友香『春の庭』

私が初めて純文学というものを意識したのは、高校1年の国語の教科書に載っていた安部公房の「空飛ぶ男」という短編を読んだときだ。

20代の6割超がスマホで電子書籍を利用【楽天リサーチ調査】

楽天リサーチが行った調査から、「通勤・通学」時に男性の11.6%が新聞を読んでいると回答したのに対し、女性は2.6%と、男女の間で大きな差がみられることが明らかになった。

2014.9.2(火)

「出版不況」は本当か?--書籍まわりのニュースは嘘が多すぎる

こんにちは、林です。ここCNET Japanではしばらくご無沙汰してしまいましたが、相変わらず電子書籍まわりで、ごにょごにょ、やっております。

2014.9.1(月)

「エンドレス・ワルツ」稲葉真弓さん死去

「エンドレス・ワルツ」「半島へ」で知られた小説家の稲葉真弓(いなば・まゆみ)さんが8月30日午後6時38分、膵臓(すいぞう)がんのため死去した。

「モンスター文庫大賞」が誕生――「小説家になろう」で作品募集をスタート

双葉社初のラノベレーベルからラノベ賞が誕生。最優秀賞には賞金100万円が贈られる。

「長門有希ちゃんの消失」2015年TVアニメ化

谷川流原作によるぷよ「長門有希ちゃんの消失」が、2015年にTVアニメ化されることが決定した。

書店員に聞く 長編小説に挑む - 牧村健一郎

暑い夏がまだ続きます。何もしないでも、じわーっと汗がでる。セミもうるさい。でもこんなときこそ、開き直って、長い小説でも読んでみませんか。日常を離れ、脳内旅行を楽しむ。ちょっとした達成感も味わえます。

萩原朔太郎賞に三角みづ紀さん

優れた現代詩集に贈られる第22回萩原朔太郎賞(前橋市など主催)は1日、三角みづ紀さん(33)の「隣人のいない部屋」(思潮社)に決まった。

小説ニュース一覧

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)