トップページ > 最新小説ニュース > 2015年5月上旬の小説ニュース

2015年5月上旬の小説ニュース(外部リンク)

2015年5月上旬の小説に関係するニュースへのリンク集です。新人賞情報に限りません。
文学、エンターテイメント等、ジャンルは問いません。また、電子書籍端末について等、小説限定の話題でなくとも出版に関するものは含みます。
更新情報をTwitterでつぶやいていますので、よければフォローくださいませ。
 

2015.5.10(日)

詩人:長田弘さん死去、75歳 評論や児童文学でも活躍

現代を代表する叙情詩人として知られ、かけがえのない日常への思いを書き続けた長田弘(おさだ・ひろし)さんが3日、胆管がんのため死去した。75歳。

文豪漫画で学生来館増 近代文学館

県立神奈川近代文学館(横浜市中区)で、若い世代の来館者が急増している。

谷崎は萌えブタ!?「谷崎潤一郎メモリアル」イベントレポート

文豪・谷崎潤一郎は2015年に没後50年を迎え、来年2016年には生誕130周年を迎える。中央公論新社からは5月10日(日)より初収載の作品100点以上を収録した『谷崎潤一郎全集』(全26巻)の刊行が開始されるなど、谷崎文学が盛り上がりを見せている。

2015.5.9(土)

2020年、国会図書館が満杯に 納本は年50万点超

国内最多の蔵書を誇る国立国会図書館(東京都千代田区)に、「2020年問題」が浮上している。

2015.5.8(金)

アダルトラノベの雄・キルタイムコミュニケーション【編集長インタビュー】

創刊以来、ゆるがぬ姿勢でエッチな小説を世に送り出し続けているのがキルタイムコミュニケーションだ。「小説家になろう」の男性向けサイト「ノクターンノベルズ」掲載作品を書籍化した「ビギニンズノベルズ」レーベルも昨年2月の創刊から好調を維持。岡田編集長にそのノウハウを直撃!

大人向けラノベで大躍進! MFブックス編集長に聞くレーベル戦略

2013年8月に20~40代男性に向けたエンターテイメント小説の新レーベルとして創刊された「MFブックス」。

太宰治賞に伊藤朱里さんの「変わらざる喜び」

新人小説家の登竜門とされる第31回太宰治賞(筑摩書房、東京都三鷹市共催)の選考会が7日、三鷹市内で開かれ、応募1251作品の中から、東京都板橋区の専門学校生、伊藤朱里(あかり)さん(29)(本名・水野彩絵(さえ)さん)の「変わらざる喜び」が選ばれた。

震災後の「無」向き合う個人 金原ひとみ『持たざる者』

震災後の「無」向き合う個人 金原ひとみ『持たざる者』

2015.5.7(木)

価値観を揺さぶる景色 作家・葉真中顕さん

日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いたデビュー作『ロスト・ケア』では介護問題を、2作目の『絶叫』では保険金殺人や生活保護不正受給などを題材にし、社会派ミステリーの新たな書き手が誕生した、と注目された。ところが、本人は少しばかり戸惑っている。「社会問題を書くことだけが目的ではないですから」

第2回「高校生直木賞」、木下昌輝『宇喜多の捨て嫁』に

5月5日、文藝春秋の本社で高校12校が参加した「高校生直木賞」全国大会が行われ、3時間以上にわたる議論の末、西加奈子『サラバ!』との決選投票となり、『宇喜多の捨て嫁』(文藝春秋)に決まった。

[屍者の帝国]新ビジュアルを公開 SF作家・伊藤計劃原作の劇場版アニメ

2009年に34歳で亡くなったSF作家・伊藤計劃(いとう・けいかく)さんの小説の劇場版アニメ化プロジェクト3作品の一つ「屍者の帝国」の新ビジュアルが7日、公開された。

【今週はこれを読め! エンタメ編】やっかいで難しい女の友情〜柚木麻子『ナイルパーチの女子会』

「女同士のつき合いはやっかいである」という言い草は、当てはまる場合もあるが、全面的に正しいわけではない。男同士の友情が強固なものばかりとは限らないし、女子の間にも揺るぎない絆が生まれることもある。

あなたの退屈、解決します――。幻冬舎文庫の"キャラノベ"フェア開催!

幻冬舎文庫が"キャラクターノベル"作品のリリースを本格始動! 今月は若い人から大人まで、気軽に手に取って楽しめる"ライト&文芸"なエンターテインメント小説を集めた「幻冬舎文庫のキャラクターノベル」フェアを開催する。

ジャンプ作品スピンオフとオリジナル小説で注目度急上昇!「JUMP j BOOKS」

「ジャンプ×小説のBOOKSが織り成す∞のエンタテインメント!」を謳う集英社のJUMP j BOOKSは、これまでに数多くのジャンプ連載作品のノベライズやオリジナル小説を刊行してきたライトノベル系の新書レーベル。

小説とラノベを分けるのはナンセンス!? 人気の「キャラ文芸」とは何か?【識者解説】

「ライト文芸」「キャラ文芸」と呼ばれるエンタメ小説のレーベルが次々と創刊されている。これは「ライトノベル」や一般文芸のエンタメ小説といったいどこが違うのか? そんな基本的なことから、このジャンルが注目されている理由、今後の展開についてまで、『ライトノベルから見た少女/少年小説史』の著者で辰巳出版が2月に創刊したライト文芸レーベル「T-LINEノベルズ」の監修も務める大橋崇行さんに聞いた。

梅田ルクアに蔦屋書店開店へ 4千平米に20万冊並ぶ

大阪・梅田の商業施設「ルクア1100(イーレ)」に8日、広さ約4千平方メートルの「梅田 蔦屋書店」がオープンする。報道機関向けの内覧会があった。

2015.5.6(水)

作家の笠原淳氏死去…「杢二の世界」で芥川賞

1984年に「杢二(もくじ)の世界」で第90回芥川賞を受賞し、法政大学教授も務めた作家の笠原淳(かさはら・じゅん、本名・長野義弘=ながの・よしひろ)氏が、3月25日に亡くなっていたことがわかった。

福島正実記念SF童話賞 大賞に福岡の草野さん

児童文学作家への登竜門(とうりゅうもん)の一つ「第32回福島正実記念SF童話賞」(創作集団プロミネンスなど主催(しゅさい))の大賞に、福岡県の主婦・草野あきこさん(ペンネーム)(46)の「おばけ道工事中」が、225編の応募作品から選ばれました。

【今週はこれを読め! SF編】しっとりした情緒、先鋭的テーマ、知的ギミック......さまざまな音色を響かせる名手

ケン・リュウは1976年生まれ。2002年のデビュー以来、旺盛に執筆をおこない、発表した短篇はかなりの数にのぼる。

2015.5.5(火)

【文芸月評】普遍に至る科学的思考

「私小説」をプログラムが築く

三浦綾子記念文学館で自伝小説「道ありき」展 絶望から希望への物語

三浦綾子記念館文学館(旭川市神楽7条8 TEL 0166-69-2626)で現在、三浦綾子の自伝小説「道ありき」展が開催されている。

2015.5.4(月)

2015.5.3(日)

2015.5.2(土)

安部公房の遺品寄託へ 遺族が道立文学館に打診

旭川ゆかりの芥川賞作家・安部公房(1924~93年)の遺族が、札幌の道立文学館に生原稿や蔵書を含む多数の遺品の寄託を打診している。

【インタビュー】『文学フリマ百都市構想』とは!? 中の人に直接聞いてみた

2002年より毎年定期的に開かれている創作文芸同人誌即売会『文学フリマ』。2015年5月4日には、節目となる第二十回の『文フリ』が東京流通センター(TRC)にて開催されます。

新作が続々登場! 小説界に吹き荒れる怪獣旋風はホンモノか?

ハリウッド版『GODZILLA』の公開、『パシフィック・リム』続編の製作決定、そして日本版『ゴジラ』復活のニュースと、怪獣ブーム再来の機運が高まっている昨今の映画界。

2015.5.1(金)

「詩作で自分が変わった」中原中也賞の岡本さん

現代詩の新人賞で、有力詩人を輩出してきた中原中也賞(山口市主催)の第20回贈呈式が、中也の生誕の日に当たる29日、山口市のホテルで開かれた。

ものづくりとものがたり(前編)~分人主義から見る、文学・アート・広告~

3月27日に行われた電通デザイントークに登場したのは、作家の平野啓一郎氏とデザインエンジニアの田川欣哉氏の2人。

村上春樹さん:村上文学を語る 物語、神話につながる

作家・村上春樹さんに東京都内で会い、村上文学についてインタビューした。

小説ニュース一覧

現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)